2012年2月

増税なら外税表示を!

政治批判はしたかないけど、削減はパフォーマンスで中途半端、増税はより現実的になって。国民は、消費する物とそれにかかる税金を日常的に理解する必要があると思うよ。内税である限り、弱者がそのしわ寄せを受ける。優位的地位を取り締まる公取にすがろうにもその後についての保証がないので、弱者は言わない。結局パフォーマンスにすぎない。優位的地位のもののコンプライアンスに期待するしかないのが現状。あ〜あ。なら、個人が外税で税金をどのくらい払っているのかを、毎日嫌ってほど見せつけられれば、その使い道と使う人に国民が物申すことが増え、関心が深まれば、日本人だもの、知恵がわき、このデフレを脱却できると思うよ。やはり何事も有言実行だね。

有機プラスイオンバランス農法研修

SAMSUNG

SAMSUNG

SAMSUNG

今年は、寒い!なんて言ってるうちに財布の中身も寒くなってきました。そんな中、わが社顧問農学博士小吹先生の農法をぜひ学びたいと新潟から意欲ある生産者が集合。熱心に勉強していました。先生自慢の巨大大根・キャベツ・白菜を見てビックリ、土をさわってビックリ、と目を輝かせていました。翌日は、農業経営の勉強。まほろば農園の円谷社長にご教示をいただき、ますます意欲倍増って顔していました。いずれは、円谷社長のようになれたらと思ってくれたら今回の研修は大成功。やるかやらないかは本人次第だもんね。農業ってみんな社長だから。