2013年1月

鉄人 衣笠(元広島東洋カープ)

DSC_0002

新年早々いい講演を聞けました。先生はあのカープの衣笠。野球の監督・コーチ・選手のそれぞれの役割役目についての話ではあったけど、それは会社も同じ。すごく勉強になりました。学生時代に神宮球場でアイスクリーム売りやっていたころ、広島×ヤクルト戦。白熱した試合に夢中になり、仕事そっちのけで見ていてクビになったあの頃を思いだしました。「3番サード衣笠〜」のアナウンスは今も思い出とともに耳に残っております。33年の時を超えこんなに近くで会えたことも、運命かな。同行した社員にいい話を忘れないように名刺にサインをしてもらいました。今年は常にそれを携帯し、捲土重来、がんばります。

始動! 緊褌一番!!

正月明けから市場は静か。年々その静けさは当たり前になってきています。そんな雰囲気にのまれていれば、大変なことになる。そろそろ動きまっせ。今年から「第三世代の戦闘準備」と位置付け、その種まきへ。第一世代からの受け継ぎも板についたころ、第二世代も終盤。新市場での戦いはまた新たな世代の戦いの幕開けとなると思います。ゆとり教育を受けてきた世代が中心となる時期がゆえ、ニーズも若干異なることが想定されます。それは、その時代の旬の世代がリードしなくてはならないと思います。その前に地ならししないと、ころぶとすぐに起き上がれないのが難点。逃げず立ち向かうたくましさを得てほしい。ってだれか言ってたな。
     
         

新年明けましておめでとうございます

昨年は、措定外の極寒から始まり、猛暑が10月まで続き秋が無くなりいきなり冬突入。仲卸の大事な機能である荷の調整価格の調整が思うようにできず、そうとうな収益ダウンにつながりました。当社も例外ではなく、今年もさらに厳しいと思っております。これが淘汰の波なのでしょうか。新市場も目の前に控え、何事にも実行力が問われ決断が迫られると自負しております。
この業界での本当の意味での「生き残り」をかけ、頑張る所存です。
苦しい中でも、つながりを持っていただいた全国市場荷受会社様、各市場の同業仲卸様、そして生産者の皆様、微力ではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
得意先様に至っては、西太は良きも悪きも飽きさせませんので、本年も喜怒哀楽をともに味わえる取組で、宜しくお願いいたします。