2013年2月

講演依頼〜

講演内容(PDF)

明日から九州へ。取り組んであっという間に1年が過ぎました。バームクーヘンのように毎年積み上げるやり方で、今年も2倍とは言わず半歩前を出る姿勢でがんばります。ここでまた苦手な講演依頼。ディスカッション的な(宴会?)で熱く語るのは得意なんですが、講演となると少々緊張します。今回は、新潟市の依頼です。実績から認められての話です。青果流通がマッタリとしていて、TPPの問題が取り上げられている中で、また問題発言を連発しちゃうんだろうな〜。

エスカレーター逆送

今年ものっけからいろいろありまして、中小企業の悩みはつきません。株価も為替もアベノミクスの影響かなんだかわかりませんが、いいような悪いような話が聞かれますが、青果業界はマッタリです。大概、何か経済の変動があると、不思議とこの業界、浮き沈みが世間より遅れます。リーマンの時も震災の時も。そんな中頻繁にいろんなところから相談が舞い込んできて、大半の人が「元気をもらいにきた」と言ってくれております。きっとオバカな私と話をすると何かポジティヴスイッチがはいるのでしょう。そんな時に私は「我々中小は、エスカレーターを逆送しているようなもの」と言っております。止まると自然と下に戻されます。常に上を向いて、走り続けないといけません。中小は全て(人・モノ・カネ)全身全霊をかけて走り続けなければならない運命にあるんだとつくづく実感しております。
さあ、今日もMIYAVIを朝から聞いて、ポジティヴにGO!

新潟〜三条〜長岡〜

DSC_0008

DSC_0009

DSC_0011

DSC_0012

DSC_0013

元社員よりブログ更新なされてないと厳しいご意見をチョーダイしました。いろいろ動いていますので・・なんて言い訳無用ですよね。さて、今回は、早々と新潟入り。昨年の仕込んだ「雪の下」「雪中」「雪室」の状態と今年の方向性について、農家、関係者と打ち合わせにいきました。昨年の反省というよりも、ほとんどが成功に終わり、生産者も昨年にも増して今年はさらに気合を入れて仕事をすると言っておりました。写真は、雪室です。この雪室は、壁を雪で作っているのが特徴。今年は降るタイミングがあっという間だったので、壁が若干壊れて雪が室に入ってしまったようです。今年の雪は、東京でも起きたように、一気に降ったようです。3月は、講演依頼でまた新潟入り。今月は、九州!築地マグロは、今日も動く〜。