2016年2月

夢と妄想の違い・・・分かってる?

今回もちょっと堅苦しい話なんですが、覚悟って話から夢なんて話になって、話聞いてたら「ソレを言うならそれは夢じゃなくて妄想だよ」って言っちゃいました。夢と妄想凄く似ているけど、夢にはその人のロマンなり少なくとも道がある。妄想は違う。自分勝手な想いだけで作られる幻想。ある社長が言っておりました「ロマンに日付をつけて」と。夢と妄想の違いは、時間軸があるか否か、目標として設定されているか否か、実現に向けての具体的行動をしているかどうかだと思っています。仮に「お金持ちになりたい」と思った時は妄想。それに向かい行動をし始めたら夢。というふうに。覚悟をもって夢に向かっていると、必ず人が寄ってきます。妄想を語り続ける人は、人が寄らなくなります。回りにそんな人いませんか??

プロになりたい夢に向って、苦しい練習をし続ける選手たち。

だけど、どんなに努力しても全員が成功する訳ではない。ただ、成功した人は全員努力している。努力に運(チャンス)そして人脈がつかねば、夢は実現しないとそう感じています。

覚悟

覚悟をもって仕事に取り組んでいる人はどれくらいいるのだろうか。志はあれど覚悟がない。夢はあれどそれに向かう覚悟がない。覚悟は、志をもつひとの一番大切な気持ち。志す行動には、責任が発生するが、覚悟がなければ責任をとるという行動に至らない。責任を取るのと取られるのでは、天地の差がある。覚悟があることで、そのすべては必然的に成功も失敗も前向きに受け止められる。それは、覚悟をもった人には、すべての行動が違うからである。

覚悟をもって仕事をしている人は、「情熱」「真剣」などの前向き且つ力強い言葉として解釈され、応援してくれる人やチャンスが次々とやってくると思っています。

当社も昭和55年から今日に至るまで、覚悟を持ち続けることでいまだに成長し続けています。

志す前に、チャレンジする前に、事をはじめる前に、覚悟しているかどうかを問うてみてはいかがでしょうか。