2018年2月

小池知事の豊洲市場魅力発信プロジェクト

IMG_3718小池知事と雪室熟成新高梨

豊洲市場会場が10月11日に決定されたことで、止まっていたことがいろいろ動き始めました。

そこへこのプロジェクトの話。

「仲卸って何している人?」「何の役割があるの?」など目利きをテーマに魚は亀谷さんと時間は短かったけど、ブロガーと記者クラブをまじえててのイベントがありました

IMG_3709IMG_3713

仲卸の目利きの話をもっともっとしたかったけど

このイベントに対する目利き商品は「雪室熟成新高梨」でした

 

≪雪室熟成≫

雪室1

自然対流型のエコ保存倉庫。右の室に雪500トン。室内0~5度 湿度90%

【他の雪室アイテム】

北海道のジャガイモを熟成させています!乞うご期待!!

既読スルー

携帯電話の凄まじい進化にともない「インスタ映え」とか「既読スルー」とかいろんな言葉が増えて昭和生まれは対応にシックハック(^^;

さて、携帯がまだ普及していない時期には「無視」といったのでしょうか「既読スルー」

ラインという便利なアプリが普及し「複数人同時に電話・チャット・画像等」ができるという一昔前の夢の世界が現実化していますが、あまりにも便利が故そこに人間本来の長短所も丸見え。そこに都合が悪るかったり面倒だったりすると「既読スルー」という微妙な対処方法で、ひとまず回避。

さらに既読スルーが相手に知られないようにする「スルー」の技術もあるそうで。本当は全部見ているのに「気がつかなかった風」にでき、既読しているにもかかわらず読んでいないようにできる方法もあるそうです。

この微妙な対処方法は、受けた側にとって想像をかきたて、ときに正反対の結果だったり、些細なことが大きな問題にってこともある。

【人との関わり合いは、煩わしいもの 】

情報伝達機能が固定電話だった時代には、その煩わしいのを正面で受け止め、曲ろうが折れようが前に進んでいたような気がします。

今はどうでしょう・・その情報伝達機能の便利さが故の人間としての落とし穴のような気がします。

煩わしい人間関係を下地にこれら機能を使えば「ときに煩わしさ」から解放され、息抜きもできよう。しかし、煩わしさを外せるのを前提にこの機能を使い続ければ、コミニュケーションはどう形が変わっていくのだろうか。

活字では「承知しました」「了解しました」と返信されますが、いずれ「了解しました」=「既読スルー」となるのでしょうか・・

流通に従事するこの業界では人の関わり合いこそ「命」なんです。不特定多数を相手するわけではないルートセールスの世界だから。

元気になるんだったら(^^)

まさかまさかの雪の攻撃。それでなくても例年より寒い気がする今日この頃なのに・・トドメの雪!あ~あ・・

さて、不思議と同じセリフ「元気もらいに来ました!」って連日誰かしら来社してくれてます。ありがたい。私も久しぶりの人に会うと元気になる。だから元気にさせることができる。

人の出会いは奇跡の必然と思っていて、誰かをかえして出会う、それは奇跡でもなく偶然でもなく必然。いい出会いなのか悪い出会いなのかは運命。私は、ジャンル問わず会いに来る人同士を紹介します。そこで、新しい何かが生まれればと。

奇跡の出会い。私は小学校の1年1組にさかのぼります。藤田弁護士との出会いから今年で50年。しかも弊社監査役。

出会いを大事にしましょう。