岡本光生の真面目な活動!

なぜかバラエティ乗りの西太の光生君ですが、講演依頼がちょくちょく。

世間よりちょっと苦労したことが、みんなの勉強になるそうです。バカな私ですが、馬鹿は馬鹿なりに生き抜く方法がありまして、私の経験が生かされるならと講演を受けております。

今回は、群馬県からと千葉県から。

ともにお世辞盛りだくさんで、お誉めの言葉を頂戴し、本人上機嫌(バカでしょ~)

来年も講演依頼を受けてますんで、馬鹿は馬鹿なりに来年も動きますよ~

メディア~NHKにテレ東

年末間近でブログ更新!豊洲移転が来年の10月10、11日に決まった・・・のはいいけど、楽天地とは言い難いのは私だけでしょうか・・落胆地になる気がしてなりません。

市場にある仲卸には営業権が存在しません。だから行政の指示に従うしかないのですが、都知事の中途半端な判断で築地という文化を捨てざるを得ない現実。

政治利用された箱ものは無残になることがよく耳にしますが、この花の大東京で世界的にも有名な文化を壊しても、まだ見えぬ想定さえ架空に思える未来に進まなくてはならない運命。

なんで今なのか・・あらためて運命を悲観するのは私だけでしょうか・・・。

とはいっても、まだあと約一年築地です。活気を感じない今日この頃なんで、気分転換メディアに出演させてもらいました。

IMG_3043IMG_3046

NHKワールドにて・・・(エピソード)今年の国産松茸は大不作で、高値が最後まで推移しました。取材持にセリで私が買うシーンも企画されましたが、ナント!高すぎて買えず(苦笑)周りからの声は「カッコわるい~」ではなく「社長らしい」でした(トホホ)

やはり私はバラエティ

IMG_3244

テレ東「ソレダメ!」これって一番合ってる(^^)

市場生活習慣病・・・って?

聞いたことがない市場生活習慣病。それもそのはず私が考えた俗語です(苦笑)なんで考えたついたのか。生活習慣病って知らず知らずに生活の習慣の中から起きてしまう病気。病気はクセでないから治ると申します。

市場は、いつも同じ人たちを相手に、同じような品目を扱い、同じ時間が過ぎ、ナヤミ・モガキ・バカヤローで日々過ぎている、な~んてよくブラックジョークを言っています。当の私も同様。

市場は、長い歴史の上に立っていて、特に仲卸は世襲がほとんど。世襲が故、荷受会社も当然しがらみの中に。

しがらみって時に凄い妙技を見せつけます。「市場ならではの技」「市場だからできる技」

生鮮だから「しがらみ大事」そう人間関係が一番大事。

生産者もほとんどが世襲。だから世襲ならではのしがらみ機能は大切なんです。

しかし、世の中が許しません。特別扱いはだんだん規制緩和のもと崩れ、今では市場を取り巻く環境は以前とは大違い。

それでも市場人は市場生活習慣病に侵されているため、隣の芝生を見て安ど感に浸り、目標もないのに「明日がんばろー。じゃ、お疲れ~」って。

世襲だからとか否定するわけでもないんです。この仲卸という「特権」をもっと生かしビジネスにつなげようよと。「家業から企業へ」と考え方を変えようよ。

市場生活習慣病まだまだ奥の深い病気です。次回はさらに掘り下げて話そうっかな~

最悪な松竹梅~

今年の松竹梅!最悪でした~。なんたって松茸が入荷激減!中国もメキシコも国産も大不作!

吉幾三なら ♪あ~あ国産ねえ~ 中国ねえ~ アメリカカナダもほとんどねえ~ メキシコねえ~ 韓国ねえ~ 北欧松茸見たことね~ ああこんな年いやだあ~ ああこんな年いあやだあ♪

替え歌でカラオケで歌いまくってやろ~

冗談はさておき、とにかく国産松茸がここまで入荷ないとさずがにシビレてます。

IMG_20160722_120255DSC_0474

国産の代わりにこのビック松茸でご勘弁願ってます。携帯電話からその大きさがわかってもらえると思います。

そろそろマツタケも終わりです。

松茸・筍・梅・・・松竹梅よ来年は豊作でお願いしまーす!

夢と妄想・・・

久々の投稿になりますね。まあ~次から次と問題が起き、その波状攻撃で小忙しくなったもんです。パソコンは壊れるわ竹の子に次ぐ松茸の不作。市場移転問題に人事問題。次から次へと・・だけどそうも言ってられない。頑張らないと。

さて、気になるテレビを見ました。その話なんだけど。焼肉屋の話で、修行をちゃんとして今も成功している焼肉屋と倒産した焼肉屋の対談話。びっくりしたのは、倒産した焼肉屋の店主が、修業先を問われるとYOUTUBEって答えてました。びっくりでしょ!

最近外食店でも人手不足が深刻化していて、ちょっと何かあると辞めてしまう傾向にあるようです。そんな人がろくに修行(勉強)もしないで立派なシェフを装って料理をふるまう。どうなんだろーか。

きっとその人は、かっこいいシェフになりたかったのだろう。しかし、そこには人には言えない努力の積み重ねがあるからこそだと。

夢を追い求めて頑張り続ける人、夢と妄想を勘違いして、すぐに夢の実現にたどり着いたと錯覚にとらわれる人。

まずは夢と妄想をよく見極める。夢はそんなに簡単には実現できないモノだと。

 

役が人を変える

最近現役を引退された先輩とか気持ちが凹んだ仲間が顔を見にやってくる。口をそろえていうのが「元気をもらいにきた」って。

元気印でやってる私も凹みまくることもたくさんあって、だけどすべてポジティヴに解釈をすることにしました。

「役が人を変える」まさに築地ではこの移転騒ぎと経済の悪さから、変わってしまった人たちがいる。あるようで無い後ろ盾によりかかって胸を張る。みんなのためと言いながら自分のため・自分が思う妬みからのみんなのため。

なんか変だよね。身の丈が分からなくなる人。

「役が人を変える」経営者になった自分ともともとの自分、まるでジキルとハイド。経営者はきっと全員これなんだろうね。ただ、それを分かってる人は、変わらないねって言われるような行動・振る舞いを自然体でこなしている。

そこには人が集まり情報が集まる。そしてそこで得たものを材料に、正しい判断する。

役で人が変わらないように気をつけようっと。

人に優しく 仕事に厳しく

【人に優しく 仕事に厳しく】この言葉をモットーに指導するように言っていますが、これって意外と理解してない。

それは怒り方。昔よく言われたのが、ダラダラやっていると「やる気ないなら帰れ!」同じ間違いを繰り返すと「お前クビだ!」などよく言われた記憶があります。

でも、帰ったりしなかった。

叱咤激励と感じ反省したものです自然に。で、ギアをチェンジして頑張ったものです。

いつからそれがなくなって、上司が部下の顔色見て仕事するようになったのだろう。

仕事で大きな会社に損失を与えた社員に怒る上司。当然。日ごろの素行も悪く我慢していたところに大きなミス。怒るの当然。生活のかかる仕事をミスされて平然とされれば怒るの当然。

しかーし、その怒った上司に対して怒る上司。それが怒り方が悪いから来なくなったという理由。

確かに怒り方はあるが、そもそもその社員がミスを起こさなければこんなことにならない。さらに最悪は、それを傍聴する社員。

怒られる人、怒る人、そして関われるのに関わらない人。それぞれの立場というのがある。

怒られる人にも立場があり、自分自身勢いで休んでしまったけど、後から反省しているかも知れない。そんな時に関われるのに関わらない人が、間に入り調整したならば、その日は気まずいが、時が解決してくれるのではないだろうか。

会社は、人というコストとリスクを背負っているからこそ、人に優しく仕事に厳しくしなければ成り立たない。

怒る人、怒られる人それぞれ理由あってのこと。ただ行き過ぎ指導と言われる場面が多く(特に自分)自重している今日この頃です。

 

緊急報告! ~第三弾~

第二弾は、かなりマジメにカッコつけた予告編。

さ~て、かたっくるしい話そこまで(^^

築地移転問題でメディアは報道系だけでしたが、本業?のバラエティに出ちゃいます(^^)

準レギュラーのテレビ東京の「ソレダメ!」

オンエアーは7月19日

バカやっちゃいます(^^)

緊急報告! ~第二弾~

西太のイメージで作り上げたイベント企画。とうとうそれが実現されます。

第四銀行・新潟県庁の協力の元

もの作りにこだわりを持ったプロ達の宴

こだわって作られた野菜

料理界の巨匠達がシノギを削る銀座

生産地の味ではなく

大消費地であるこの大東京で知る人ぞ知る味

イベント☆ ←ここクリック

 

笠嶋氏1笠嶋氏2

半くりプリン

玉亭1玉亭2

玉亭ゼリー

鮨佐藤氏1鮨佐藤氏2

鮨職人のどくろ

私がこのプロ達が集う築地にいて、このもの作りのプロ達をつながりを作れないだろうか

そう考え続けて、そう思い続けて

手の届かぬ料理人たちの料理

生産者のこだわる野菜をさらに向上させ作らせている西太の産直商品群

知ってもらいたい。みんなに。

ただ築地に入荷したものを目利きという利点のみで販売するのではなく、

その目利き達に適う商品を作る。

一緒に探そう!いい野菜!

それが西太の仕事

緊急報告!~第一弾~

明日は、都議選。複雑な気持ちで投票にいきます。政治利用された?築地移転問題は、巻き込まれる形の我々は、いい加減疲れてきたみたい。

ま、くよくよ女々しく考えても仕方が無い。とにかく生き残るために気合を入れなおす!前期の失敗も成功もすべてポジティヴにとらえ、いよいよ仕込んでいたものの発表会。

まずは!!

新潟フェアポスター

新潟県庁・新潟市・曽野木フレッシュ組合京浜出荷部会・長岡三青・津南大地・久保農園による恒例産直直売フェアー

2017新潟フェアー2新潟フェアー3

150kgの久保農園の枝豆がナント開始3時間で完売!

恒例がゆえお客様が覚えてくれているようで、うれしい限りです。