ボイルたけのこ

生たけのこから調理するのは一苦労も二苦労もかかります。それを解消してくれるのがボイルたけのこです。掘りたてを現地で鮮度が落ちないようにすぐに熱処理をして、うまみ成分が逃げないようにしています。ボイルたけのこは根元の部分が日にあたると紫色になりますので鮮度の目安にしてください。あと切ったとき、節々に白いかたまりがあります(『チロシン』といいます)。これが旨み成分で、これが多いほど良いボイルたけのこということ言えます。料理はやっぱりわかめや鰹節と煮込んだ土佐煮等が美味しいですね。うちでは特に愛媛の産地を取り扱っています。

002