伏見とうがらし

京都でおかずのことを『おばんざい』と呼びます。伏見とうがらしは夏の『おばんざい』の定番野菜です。ししとうと同じとうがらしの仲間で、ししとうと同じく辛くはありません。(たまに先祖がえりをして辛くなるものもありますが・・・)。長さ約15センチほどで実が厚く、『伏見甘長』と呼ばれるぐらい青臭くなく、ほのかな甘さが特徴です。露地物で6月から10月に収穫されます。栄養面ではタンパク質・カルシウムなどがピーマンの2倍ほど含まれ、体にいい食材です。調理法はそのまま焼いたり、てんぷらにしたり、だし汁で煮るととっても美味しくいただけます。簡単に調理できて、美味しい伏見とうがらしぜひ1度食べてみてください。