鍋ねぎ

主に茨城県岩井地方の出荷で、寒さが厳しくなる冬に鍋物に最適な野菜として開発されました。それは下仁田ねぎと長ねぎを掛け合わせたもので、下仁田ねぎは産地が限られ価格も少々高いですが、茨城県の岩井農業協同組合が下仁田ねぎと同じく鍋に入れたとき軟らかく甘みが増し、かつ『鍋に入れたときの存在感』があるねぎとして開発されたそうです。

鍋ねぎ