愛媛?彩菜きて屋?太陽市?紅いしずく


DSC_0641

DSC_0644

スーパー直売所彩菜きて屋と太陽市(おひさまいち)に行ってまいりました。来年度に向かい新しい取組をします。快く協力体制の要請に承諾していただき、感謝感謝!
媛かぐやも順調にニーズが増え、さらに今年はまだほとんどの人が食べていない愛媛気合のイチゴの新品種「紅いしずく」を食べちゃいました。現地では、試験販売でナント6粒500円で販売して即完売の商品。弊社は、取り扱うことに決め、あとは出来上がるのを待つだけ。楽しみだ?

国家公安委員の先輩を訪ね〜総務省〜


151-1

国家公安委員!日本に5人しかなれない凄い先輩に会いに行きました。場所は総務省。凄いねえ〜日本の中枢の省庁。写真をバシバシ撮ろうとしたらNG.当たり前の常識だよね。でもちょうっとだけ撮っちゃいました。夢のような時間はあっという間にすぎて、久しぶりに夕食をともにし、いろいろお話を聞き、また勉強になりました。
夕食はもちろん弊社得意先「高級串揚げ たき川」料理の奇抜さに先輩も感動しておりました。

ありがとうございました。

またかよ(!!)


京都に勉強に行っていたときの同期で年下の老舗の息子ユキオ君48才。亡くなったって。僕の周りで8人目。また親しい間柄の人が・・。言葉も見つかりません。
そんなときに、すでに退社して半年が過ぎてから、訳の分からない言いがかりをつけてくるY氏。情けないというか・・僕は悲しい。人の死を利用して話にもならない主張をして、なおかつ言いふらし。現雇い主にも悲しいというコメントを言わせるY氏。
人は誰かに見守られ、誰かに助けられ生きています。現雇い主に助けられているにもかかわらず一人で生きているという勘違い。
人はいろいろな亡くなり方をしますが、それを利用して利益を得ようとし行動するY氏の周りの人・親族はどう考えるのでしょうか。
やはり「悲しい」の一言ですかね。

愛媛産直?媛かぐや?・・・VIVA JUDO


DSC_0618

149-2

年々人気が上昇で倍々に生産量を増やしている野菜「媛かぐや」。見た目は京芋。しかーし中身はえび芋。とにかく食ってみたら分かる。
なんたって歩留まりがいい。料理人から大絶賛!
写真の赤い部分は「ズイキ」それを乾燥させると「いもガラ」に。
ちょっとしたおまけ付です。
まずは召し上がれ?

もうひとつは2日の築地祭り10万人だって!

最後に得意先のご好意により「VIVA JUDO」に協賛。

愛媛産直次々と


最悪な10月が過ぎて11月突入!気分を切り替えてと意気込めば、雨。トホホです。11月は、安値が推移するもよう。そんな市場相場に関係ない産直。恒例の愛媛の時期がやってまいりました。まずは大好評の「媛かぐや」前年の4倍生産量を増やしました。イヌリンパワーの「きくいも」。柑橘はもとより、愛媛産直に注目!