東京都中央卸売 豊洲市場 青果仲卸

社長ブログ

視野を広げて仕事をする


料理人の見習いが、夜中から2日間勉強目的に経験しにきました。日頃から時間のない生活の中で、ロングな休みはお金を使うし、暇を持て余す。しかし、市場は生鮮品を供給する使命があるので、実質2日と休めない。

料理人は、市場の一日を見ること・経験する事が時間的になかなか難しい。活動時間がまるっきり正反対だからである。特に当社は、量販店、外食、中食、地方転送などをやっているために、彼らの知らない世界がある。知ったからと言って今すぐ役に立つわけでもないが、自分の取引先を知ることが、自分の仕事を円滑にするのは間違いない。

視野を広げ経験を少しでも多く積むこと、それが気が付くと自分の成長につながるのは間違いないし、出来の悪い私でも今があることで立証積み。ただし、自分の目標・興味をもっていることが条件になるけど。経験に勝るものなしです。

自分の将来にどれだけ時間という返らぬものを、投資できるだろうか。視野を広げて一本道。頭で理解できなければ、行動することだ。


卸し売りと売る


我々仲卸は、卸し売りのはずが、いつしか「売る」方に偏ってきてはいないだろうか。あるお客さんが、「なんでオマエのところには値札がついていないのか」と言われたことがあった。

「値札のついたモノを買いたきゃスーパーなどの小売りに行って」って言ってしまった。卸し売りの基本は相対取引と私は思っていて、小売にも相対販売はあるが、同じ相対でも小売りと卸とは異なる部分がある。人と対峙するのは一緒だが、卸には得意先によって販売価格・数量を変えるというルートセールスならではの販売方法が用いられる。

相場というイキモノを調整するのが仲卸の役目のひとつ。それには経験と知識とセンスが必要と考えている。

「腕のないヤツは、値段でしか相対できない」って先輩から教わりました。実感しています。それぞれの商品にストーリーがあるように販売価格にもストーリーをつけることで、いつのまにか役目である調整機能を果たしているのだと。


ソレダメ!の試練


収録2日前にギックリ腰。

さすがに今回の収録はキツカッタ(苦笑)

収録2日前に油断してたら「ギックリ腰」に。しかーし、二度目の菊池桃子さんとの出演となれば、その痛さも何のその!

デレクターも経験ありでこの痛みを理解しながらも、この市場おじさんのパワーに驚きを隠せない様子でした。

スタジオは結構受けていたけど、カットされてなければ結構笑える場面作りました。

バラエティーは、市場のノリで!

イベントを終えて・・感謝!




久しぶりの達成感を現場のみんなは味わったようです。新潟県庁スタッフ・新潟市スタッフ・第四銀行スタッフ・全農にいがたスタッフ・JA越後中央スタッフ・井上総料理長と四川飯店グループスタッフ・お富さんスタッフ・光泰スタッフ・東京シティ青果スタッフ・そして有志社員、ご苦労様でした。

ビジネスモデルとして、川上から川下の流通の観点から作る今回のイベント。またどこからかでしたいものです。

このイベントに消費地である東京都に参加打診したところ、頭の固い納得のいかない回答で却下。その内容は、次回のブログで。

お疲れ様でした!ありがとうございました!

難しくなったリーダーシップ


昭和生まれの我々は、上下関係が厳しいのは当たり前。不条理なことがあっても「そういうもんだ」って「我慢」して「辛抱」してきたもんです。今は、「権利主張して義務怠る」ってよく聞くけど、権利の主張が強くそれが先輩であろうと何だろうとコンプライアンスの元で本末転倒の話まで通ってしまう。

昭和の培ったリーダーシップは、もはやパワハラの域にさえ思ってしまう。感情コントロールが先ずは大事なことと思い知らされる。ついで、社員のサポーター的に考えなくてはならない。

こんな笑い話があった「生徒というお客様、教育というサービス」これってあの当時笑って聞いていた自分が現実になって苦悩している。

この間の公開ディスカッションの時にいみじくもジョークで「市場って活気あるでしょう。活気って一般の今の人はなんて言うかしってる?パワハラって言うんだよ」って。

大声張り上げて「バカヤロー!もがき・なやみ」って生鮮を取り扱う商人たちの活気。豊洲にきたら無くなった。

次世代のリーダーは、どうなっていくのか・・寂しさと期待が入りまじった複雑な気持ちなのは、私だけじゃないでしょう。


どこもかしこも人間関係


話題の吉本興業。社員からも「どっちの味方?」なんて聞かれたけど、当たり前の話をしたら当然会社側に決まっている。しかし、あの記者会見でガッカリ。給与を減らす前に辞任すべきでしょう。同じ経営者の視点から見て「情けない」と言わざるを得ない。

あの場に来る前に、彼はどういうプロセスで事を収めようとしたのでしょうか。きっと、会社のコンプライアンスばかり気にとめて相談相手を弁護士など先生方に重きをおいたのでしょう。現場たたき上げの社長さんではないのではないでしょうか。

まずは、経営者も役割が違うにせよその法人の従業員。役割の違う部署でも、できる限り会社を支える仲間に相談すべきではないかと思います。

私も似たような事例をいくつか経験をしています。私は、先ずは現場の人たち、特に主軸となる社員に投げかけます。返ってくる答えに対して、最終判断を決める。最終判断こそトップしかできない重要な役割と思っております。

一度決断したことは、決してブレてはいけない。ブレることが今後会社に影響を及ぼす。それは、経営者と従業員の信頼関係にひびが入るからである。

吉本の社長が、最初に言い放った言葉を撤回しなければ、それはそれで指示されると思います。少なくとも私は、社長という立場で最終判断ことは、その責任のの重さ、重大さなど社長にしかできない仕事をしたことと思うからです。それが周りに認められないと判断したならば、潔く辞任。減給は女々しい。



ちょっとおかしくないかい?


世界的に「それっておかしくない?」って事がおきている。世界の話や国政の話はさておいて、この豊洲市場にまつわることでも起きている。

東京都は、観光地と市場のツートップで開発を進めているのは、周知のとおり。しかしながら、築地からの歴史を引きずるだけに、人工的に観光地も市場も押し上げなくては都民が黙っていないのは分かる。

観光に関することには、多額な援助というべきものが垣間見える。5街区のテーマ施設。6億円という巨額な補助金?助成金?が用意され工事開始。そこに入るテナントが坪約5万円。

一方、市場には規制のみの話で、紙ベースでは支援をしますようなこと書いておきながら、実際は据え置き。

魚もまだ一年もたたないうちに倒産、店舗公募などあいついでいる。青果も同様の気配が見え隠れするように、低迷している。

いまこそ東京都の支援が必要なのにね~。一年たって世間がどういうか・・

冷夏の波状攻撃


こんな大事な時に・・ギックリ腰

長い梅雨が続き、気分もさえないところに冷夏。とうぜん野菜に影響が出て、予定通りに事が進まず商売もうまくいかないところにきて、ギックリ腰。

毎年、梅雨時になると腰が重くなってくるのですが、昨年は体重が8キロほど少なかったので気にもしませんでしたが、今年は気合充分の松茸が例年よりいまだに産量がなく、6月下旬の入荷量なんでヒマ。

ところが、諸問題いろいろありまして、じっと座る仕事が多くしかもストレスのせいか胃袋だけはやる気満々。あっという間にリバウンド。

で、ギックリ腰。さらにテレビ撮影の2日前。当然治るわけもなくご覧の姿でスタジオイン。

来月8月7日放送です。

低迷したら・・・


梅雨のせいなのか、経済のせいなのか、はたまた豊洲市場だからなのか。売れ行きが悪すぎる。

口々に出る言葉が「暇~」「どう?忙しい?」いやみがてらに「顔色いいね~儲かってるところは違うね~」返す言葉は決まって「バカいってんじゃないよ」

築地のときもこんな状態になったことがきっとあったはず。大きく違うのは、移転後に「覇気」がなくなったように思える。まだ、豊洲に移って一年もたっていないのに。行くまでのあの覇気はどこ行ってしまったんだろう。

想定外のことが次々と起き、右往左往している時に、世間では増税だの働き方だの我々に降りかかる問題・課題が山積に。

遠くばかりみているから足元が見えていないような気がする。先行きの見えない状態で前を見たってなにも見えない。

低迷したら、見えるものを着実にこなしていくしかないのではないかと。俗にいう原点に戻るということはそういう事ではないだろうか。

できることを信用・信頼というものを背負い、一歩一歩歩む。決して立ち止まらずに半歩でも足元を見て、時折背筋を伸ばしながら遠くを見る。

きっと未来のヒントが見えてくる期待も、忘れてはいけない

ポジティヴに生きる


環境の変化は、人間にとって一番ストレスのかかるもの。環境変化を嫌う動物の特徴のひとつ。

誰もが環境の変化を強制的に変えられるのは嫌なもんです。しかし、変わらなければ生きられない場面もあると思います。

環境が変われば、出来る事出来ない事がよくわかり、変わらなければならない自分を知ることにもなります。しかし、昔を惜しむ気持ちが出るときこそストレスを感じるときです。

未来は何もかもポジティヴに考えることはできません。むしろネガティヴに捉えそのすべてを想定内に納め、変化を恐れない強い一歩を踏み出す。

すべてのモノには、必ずプラスとマイナス作用があり「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」「山あれば谷もある」

ポジティヴに生きることは、ネガティヴな想定をどれだけできるかではないでしょうか。